血管の病気

ファイルと聴診器

脳動静脈奇形とは脳の血管の生まれつきの病気です。通常、心臓から全身をとおり再び心臓にもどってくる血管は、動脈から枝分かれをして細い毛細血管になります。そして毛細血管で細胞に酸素や栄養分を渡し、不要な二酸化炭素や老廃物を回収します。 このような血管の形成は胎児のときにおこなわれます。脳の血管も同様なのですが脳の血管の一部が毛細血管にうまく分かれることができない場合があります。そのため場所によっては動脈と静脈が異常なつながり方をする場所ができてしまいます。そしてそこにはナイダスと呼ばれる異常血管塊がつくられます。 これが脳動静脈奇形です。脳細胞で酸素と栄養の受け渡しができなくなるだけでなく、毛細血管がないため動脈の圧力が直接静脈に加わるという問題をおこします。

脳動静脈奇形の場合、ナイダスという血管の塊のようなできます。そしてこれが破れるとクモ膜下出血や脳内出血のような深刻な事態を引き起こします。 CT、MRA、脳血管撮影などの方法で脳動静脈奇形を確認することができます。病気の進行を食い止めることも必要ですが、以前に比べると積極的治療の傾向がトレンドとなってきています。治療法としては手術によるナイダスの全摘出が一般的です。 またナイダスの場所が手術をするには難しい場所である場合、ガンマナイフ治療が有効な場合があります。この方法は放射線治療の一種であり、異常な血管を詰まらせることで将来おきるであろうナイダスの破裂と出血を防ぐ方法です。ナイダスがあまり大きくなっていないことがこの治療法の条件となります。