乳がん治療をする

看護師とナースステーション

乳がんの再建法の中でも比較的負担が少ないとされてきたのが、インプラントを乳房に埋め込む方法です。このインプラントを用いた再建法の場合には、これまで長いこと健康保険が使えませんでした。そのため、片方の乳房につき約100万円程の高額な費用が発生したのです。こうしたことから、より低い費用で出来る自分の組織を移植する再建法を選択せざるを得ないケースも少なくありませんでした。現在では、このインプラントを用いた再建法にも健康保険が使えるようになったため、3割負担の方の場合約30万円程度で手術を受けることが出来ます。インプラントのメリットに注目する方にとっては、こうした変化は特に喜ばしいものとなっているのです。

これまでの乳がん手術後の再建法は、方法も限られており実際にトライする方も現在に比べて遥かに少ない傾向がありました。閉経後の方の場合には特にそういった傾向が見られたのです。昨今は、年齢に関係なく女性は美しさを積極的に追求出来る時代となっています。そのため、乳がん手術後の再建法においても仕上がりの自然さや美しさが重視される傾向にあるのです。インプラント法が健康保険の適用になったことで、より多くの方が乳がん手術後の再建に挑めるようになりました。美容外科医による再建法の紹介もされるようになり、一人一人が納得のいく選択を出来るようになってきたのです。こうしたことから現在乳がんは、早期発見出来れば完全に治癒の可能な病気となっています。